クレームは期待

こんにちわ。小山です。

あなたはクレームを受けたことはありますか?

受けたらやっぱり嫌な気分になりますよね?

頑張ったのに、しっかりやったのに
クレームに繋がった、ということも
もしかしたらあるかもしれません。

ただ、クレームにはプラスの側面があるんです。

相手は

期待していなければ
^^^^^^^^^^^

そもそもクレームをいれません。

100均のショップで買ったものがすぐ壊れても
「まあ100均で買ったものだし」
と感じてクレームをいれないことの方が多いのと同じです。

つまり、

クレームをいれる

ということは

あなたに「期待している」ということなんですね。

さらに言うと、

クレームを受けると
お客さんが”本当は”何に悩んでいるのか?
わかったりします。

この”本当は”というのは結構重要です。

あなたも”本当は”こういう機能ついてたらいいのにな
と思う時はありませんか?

それを解決してる商品があると
おーいいね!これこれ!と思って思わず買ってしまうことも
あると思います。

お客さんのことがよりわかるようになるので
自分が対応できる市場が大きくなります。
つまり収入も上がりやすくなるということですね。

まとめると、クレームは
・期待が大きい
・より大きな市場に対応できるようになる。

ということになります。

ビジネスをどんどんやっていれば
仕事量も増えるので
必然的にクレームというのは出てくる可能性があがります。

ただ、そういう時に
この意識を持っておくだけで
ただ落ち込むだけでなく、プラスにつながります。

人はうまくいっている時は気分も良いですし問題ないですが、
ちょっとうまくいかない時、どう対応するか?が大事です。

今回も読んで頂いてありがとうございます。
ではでは失礼します!

お問い合わせ・ご依頼はこちら

お問い合わせ
Copyright 2017 AGENT