売る文章を書く上で抑えておきたいポイント

実はセールスコピー

つまり、売る為のコピーというのは

基本的な流れがあります。

 

その流れを意識するかどうか?

で反応率がかなり変わってきます。

 

まずその前に人の「学習タイプ」は4つに別れると言われてます。

①なぜ

②何

③どうやって

④今すぐ

 

です。

 

物を買う場合で考えると

①なぜこれを買うと良いか?

②何?この商品を信頼できる証拠は?

③この商品はどうやって使えばいいか?

④すぐ買った方がいいか?みんな買っているか?

 

つまり、買う理由付けが

「人によって異なる」

ということです。

 

つまり、それぞれの学習タイプが買う理由を抑えれば

必然的に売れる文章になります。

 

①なぜこれを買うと良いか?

→この商品を買うと自分にメリットがある、と思えば買う。行動力のある人によくある理由です。

②何?この商品を信頼できる証拠は?

→この商品を買うとメリットがあるのは分かったが、根拠は?信頼できれば買う。

③この商品はどうやって使えばいいか?

→使い方が分かれば納得して買う

④すぐ買った方がいいか?みんな買っているか?

→みんな買っているから買おう。限定10名様で急がないと行けないから買おう。

 

 

つまり、セールスレターを書く時に

「4つ全ての要素を入れる」

ことがポイントになってきます。

 

4つの要素をいれることで

全ての学習タイプの人に響くようになります。

 

是非、これを意識して書いてみることをお勧めします。

 

ではでは〜!

お問い合わせ・ご依頼はこちら

お問い合わせ
Copyright 2017 AGENT