何が良いデザインか?

good

デザインをデザイナーに依頼してもなかなかいいデザインが上がってこない
もしあなたが、デザイナーだったら、自分は良いと思ってるのに、お客さんからイマイチオッケーが出ない、ということはあるのではないでしょうか?
 
では、良いデザインとは何か?
それは、見込み客に響くデザインです。
 
見込み客というのは、商品を買ってくれる見込みのある人のことです。
例えば、HPの場合、HPを見に来る人のことです。
さらにいうと訪問して、問い合わせなど、実際に売上に繋がる行動をとってくれる人です。
 
なぜ「見込み客に響くデザインが重要か?」というと、
ホームページやランディングページ、名刺、ちらしなどの目的は
見込み客を集めたり、見込み客に物を売ったりすることだからです。
ですので、その目的につながるデザインが良いデザインということになります。
 
例えば、ホームページを制作する際
多くのデザイナーさんがやってしまいがちことが
・自分の好きなデザインを作る
・ただきれいなデザインを作る
・斬新なデザインを作る
が挙げられます。
 
しかし、目的は見込み客が興味を持つ、または買いたくなるようなデザインなので
・お客さんになる人はどういったイメージが好きか
・どういったイメージをいれたらわかりやすいか
・見込み客の人が得たい未来は何か?
etc
など、お客さん目線というのが重要になってきます。
 
きれいなデザインで満足するお客様もいると思いますが
見込み客に響く、という視点をいれられるとより価値の高いものを提供できるようになります。
 
実際にそこまで意識できているデザイナーさんは少ないです。だからこそ、その話をまずはするだけでも一目置かれるかもしれません。
 
ではでは、失礼します。
 

お問い合わせ・ご依頼はこちら

お問い合わせ
Copyright 2017 AGENT